PROFILE

ABOUT THIS SITE

言葉を使ったものづくりの、要素技術開発、実験の場所。

探索テーマは、見ること、読むこと、書くこと、つくること自体。
特に、言葉、記号、意味、イメージ、色、システム、構図、教育、デザイン、文学、哲学、アート、手芸、料理など。
直近の頭の中は、日英の言語観の違い、比喩、ユーモア、現代におけるヒューマニズム、フランス文学。

“Don’t think of your website as a self-promotion machine, think of it as a self-invention machine.” by Austin Kleon

 

ABOUT ME

1987年生まれ。
大分県出身、名古屋市在住。

文学部 人文社会学科 英米文学専攻卒。
メーカーの人事部で、国内外の人材開発業務を6年。
事業部でのオンラインコンテンツ開発を経て、ブランディングデザインの会社に転職。
経営層の考えやデザインコンセプトの言語化、ディレクション、編集、各種ライティングを担当。

言語表現に心を奪われることが多いから、よく「言葉が好きなんだね」と言われる。
何をしても言葉に行き着くだけのことで、言葉にならないものは好きだし、言語の限界や記号化のつまらなさにはうんざりしている。
考えることや書くことに熱中すると、胃がきりきりして頭が痛くなる。
それでも、言葉を媒介に新しい世界を垣間見れたとき、人の見ている景色に触れたとき、「これはこうとしか言えない」ものができたときにはエネルギーが満ちる。
やれやれ仕方ないなと思うのは、言葉が好きということなんだろうか。

つくってきたもの、できることの記録はこちら: MY LIFE WITH WORDS