2019/08/31

月末はまた体調を崩した。
今年おなじみの病なので、気配が現れたところで早めに病院へ行き、悪化をまぬがれた。
体が痛いと気持ちがやられてしまうから、先まわりできたのはほんとうによかった。
スーパーマリオブラザーズのゲームの第1ステージを最速でクリアするような達成感(クリボーを倒したりコインやキノコを集めたりすることなく、ただただ最速でゴールを目指すやつ)。

寝ているときに観た、Netflixの「100万ポンドのメニュー」。
イギリスの一等地にレストランをもつため、アイデア・スキル・熱意をもつ人々たちが投資家にアピールするドキュメンタリー。
数日間、実際にポップアップストアを開き、戦略やメニュー、オペレーション、客の受け、将来性、サービス、人柄、経営手腕を評価される。

私が好きなのは、投資家がどんな視点をもっていて、何に興味をもち、何を話すか、話さないかを追うこと。
お金持ちの個人投資家は、お金は出せるが人材育成までは手をかけられないと言うし、チェーン店の拡大を重視する投資会社の人は、どんなにチェーン店向けの商材でも、挑戦者の目指す方向性が大衆化ではないと知ると顔が曇る。
有名な店をいくつも経営する料理人は、できるだけよいところに目を向けようとして、才能のある若者には未熟さ・粗さを承知で投資する。
星付きホテルの経営者一族のひとりは、料理やストーリーに正統派の重みを求める(料理がとびきりおいしくても、出身地でもない、住んだこともない国の料理をつくるチームより、その国にどっぷり浸かった経験のあるチームを重視するなど)。
投資家の視点をなぞっていくと、見ているところと発言が一貫しているので、つい挑戦者に「そりゃそこはそう言われるだろうよ」「予測できたんじゃないの?」「あああ、ポイント押さえて話そう?今致命的にずれたよ…」とか言いたくなる。
「~したい」を実現するには、目指すものと、目指すものからリストアップされる各種項目にひとつずつ具体的に答えることが必要。
シーズン1はどこか検討不十分、バランスの取れてない部分があることで落とされた人たちがたくさんいた。
だからこそ、投資を手にしたチームのバランスが美しく見えた(店を構えて、かつ改善しながら続けていくってすごいことだな)。

シーズン2では、シーズン1より投資家が優しくなった印象(露骨で吹いた)。
番組の構成はメリハリが増していて、挑戦者のストーリーがより表現されている。
投資家に指摘されたことを、挑戦者が翌日すぐに改善し、「素直でやる気が伝わる」と評価されるシーンはいくつかあるのだが、番組制作者がよりよい番組を求めて自分にメスを入れているところ、「人のふり見て我が振り直せ」なところもおもしろい。やる気が伝わる。

投資家にプレゼンするなら、私はどういう要素を話すだろう、何が抜け落ちてるかなと考えたりもした。

 

 

2019/08/19

今日の夫の弁当はナポリタン。
ウインナーの代わりにちくわをいれた「ちくわたん」。
かわいい。
たぶん彼は「今日はちくわたんだ!」と名前を反芻して食べるはず。
かわいい。

ケチャップを食べられない私はうどんをゆでて、レタスと豚しゃぶ、塩だれと和えた。
ほぐして乗せたカニカマは、かわいさよりも激しさが勝つ。
結局名なしだったので、反芻してかわいくなる夢も叶わず。

 

 

2019/08/11

おとといわけのわからなかった英語の文章に、昨日ぬうっと現れてくるものがあり、今日ははっきり理解した。
南部の方言や口語に慣れてなかっただけだった。
ついでに単語を覚える流れを少し改善して、読むスピードを上げることにした。

文章を数ページ読んで、新しい単語を覚える毎日。
前に進んでいる実感が、自分を守って支えてくれる。

 

 

2019/08/08

ウェブサイトのリニューアル。
何回目だろう。1年半前より知識が増えて、細かい好みをたくさん反映できた。
サイト構築の仕組みを理解しはじめると、がっちりとした(単純明快な?)論理性におどろく。

Aという構造だから、BするためにはCでなければならない。
Bしたいけど、私のつくったものはD。Bできない。論理的に考えて実施不可、みたいなことは理解できるようになってきた。
みなさんが数字でやりとりしてるのに、私はひらがなを使ってるような、お金の交換が条件の中でクッキーしか持ってないような、「その構造の中で自分が何を満たしてないか」がわかるようになった。

Cが手もとにないときでも、「論理的に考えて、必要なのはC」とわかれば、必殺「時間をかけて総当たり」で探せる。
だけど、手持ちがどうしてもDってときはお手上げ。お手上げになった仕組みだけ、説明できる。

そんなときに現れたスーパーヒーローの夫。
どうやって手持ちを既存構造に入れ込むか考えてくれた。
ウェブに詳しいわけでも、仕事で使ってる言語でもないから、最初は私が試したのと同じ策を試していたけど、尽きてからはしばらく自室にこもり、もうしばらくして飛び出してきた。
「論理的に考えて、===なはずだから、ここらへんに+++があるはず、それをいじればできる」
こういう瞬間の強気が、実はいつもうらやましい。

策を見つけて、ふたりでよろこぶ。
素人なりにがんばったぞと自画自賛するあたり、私は専門家にはなれない。

 

 

12/16-20 名前を言ってはいけないあの人

大きな出来事があった日は、前後を含めて日記にしよう。

 

12月16日(日)
ハリー・ポッターの映画を観た。ずっと昔にレンタルした記憶はあるけど、内容がさっぱり抜けていた。おかげでおもしろくて、一気に4本目まで来た。数日間、なんとなく調子がよくなかったから、関心を外に向けられてよかった。

 

12月17日(月)
明け方、痛みと出血が止まらなくなった。夫が病院に付き添ってくれるとわかった時から、軽いパニック状態と、饒舌で快活な状態とを、自分がせわしなく行き来し始めたのを感じた。

かかりつけのクリニック経由で、初めて救急外来に行った。受付の人がお役所仕事で、時間を取られそうになる。かかりつけの医師からの電話を書き留めた付箋が、担当者間で共有されていなかった。夫が珍しく、夜までぷりぷり引きずる。

待合室にインフルエンザの人がいて、ふたりともマスクをつけた。CTで、検査技師に「お腹を3回輪切りにします」と言われてイカめしを食べたくなった。医師は基本的に落ち着いていて、無表情で、まっすぐ顔を見て話してくれた。私が想定問答集からはずれたことを尋ねたのだろう時には、すぐに目を逸らし、聞き取れない声でまごつき、ゆっくり言葉を絞り出していた。優しい人だ。痛みと出血はひどくなる一方だった。

帰宅して、薬を飲んだら発熱が始まった。関節も痛み、寒気もする。6,000円の課金で薬をゲットしたら、期間限定キャンペーンでインフルエンザがついてきたんだと思った。

 

12月18日(火)
「嘘みたい」「夢みたい」というのは、こういう日につかう言葉なんだと知る。前日の私はヴォルデモート卿とでも戦っていたんだっけ。痛みは残る、薬ありきの穏やかさ。

看病してくれる夫が、いつにも増して頼もしい。ひそかに、いい意味で「名前を言ってはいけないあの人」「我が君」(いずれもヴォルデモート卿の別称)と呼んで遊んだ。尊い。我が君が痛い思いをしないといい。

 

12月19日(水)
また少し回復した。映画の続きを観た。「その名を呼んではいけない」習わしをネットで調べ始めたらきりがなく、今は「そんなに読んではいけない」と気がついた。

肩慣らしで大学芋を作る。飴の煮つめ具合を間違えた。バニラアイスを乗せて食べた。我が君にも残しておいて、夜のつまみにお出しした。

 

12月20日(木)
我が君、健康診断の日。「就業時間中に血を採られて倒れるなんて労災だよ」と言いおいてご出勤。痛いのも血も病院も苦手でいらっしゃるのだ。聖なる血を採られたあと、しばらくベッドでお休みになるだろう。午後はいつもより伏し目がちで任務に当たられるのだろう。タコライスをお作りしてお待ち申し上げる。

 

 

Photo by Anh Nguyen on Unsplash