All Posts By

junkotakijiri

2020/05/02

 

ドラッグストアに体の保湿剤を買いに出た。季節の変わり目は苦手だ。かゆくて眠れない。今年は得体の知れてる不安をやり過ごすのに手いっぱいなのに、冬から春、春から夏への変化がそれぞれ急に来て、そのあいだの気温と気圧の動きも細かく、激しくて、もうついていけない。

いつもと別の店のレジ前は狭い。お客さん同士の距離が近い。前の人と極力離れていても、後ろの人が私に貼りつくように並んでしまう。速く出たいとあせっていたら、担当のレジの人が高校生くらいの新人さんで、新人さんらしくあせっていて、それを見て気持ちを緩めた。タイミングを見計い、目を合わせてお礼を添えた。

帰りに、新商品のビールを求めてコンビニに寄った。夫の仕事のお祝いに。小銭入れの奥から100円玉が出てこなくてレジでもたついていたら、店員さんが「そういうこと、よくありますよね」と待っていてくれた。お礼を言う。

この2ヶ月で減らしたのは外出の回数。
増えたのは朝食の品数と、感謝を言葉にすること。

 

 

2020/04/24

 

秋から刺していたクロスステッチのブックカバー。
手芸といえば大抵誰かのためだったと気がついて、自分用でつくり始めた。
赤、オレンジ、ピンクのグラデーション糸。
オフホワイトで柔らかい感触の生地。
昔、雑誌から切り抜いておいた図案。
好きなものばかり。

直線や単純なパターンを何も考えずに刺せばいいとき。
目を飛ばしたことに気づいてすみやかに修正したとき。
端の処理がうまくいったとき。
水に通してアイロンをかけたとき。
好きな瞬間ばかりだった。

光にあてるときれい。

 

 

 

2020/04/23

 

昨日仕込んでおいたチャーシュー。
インスタントの塩ラーメンに、キャベツ、ゆで卵、貝割れ大根といっしょに乗せて食べる。
スープと麺の絡めかたを失敗して、かいわれがこぞって下のほうへ姿を消す。
具を楽しんでいるうちに麺がのびた。

上に具材を乗せる食べ物、ラーメンや冷やし中華をつくると、大人になったと思う。
時には待ち遠しく用意していた食材、時にはあり合わせの材料(エネルギーを含む)でこしらえる。
私にとって、見た目と栄養はうんとあとづけの、食べてくれる人ありきの文化。
自然と気をつかうようになったとはいえ、気をつかっていることに気がつくと気恥ずかしくなる。

夫と出会って10年になった。2桁!

 

 

口止め

 

えびせんの袋に口止めシールがついていた。
ぱっと「口止め」だけが目に入ったばっかりに、うっかり「食べたことをえびせんに口止め?」っていう問いを経由したんだ。
と夫に話したら
「罪悪感があるってことだな」と返された。

ひとりじめするはずだったえびせんを少し分け、共犯にした。

おうち企業制度と公式LINE

夫婦間の頼み事や家事ごとに会社をつくり、LINEグループやメールを使って「会社ごっこ」。夫は2社、私は6社経営中。

 

以前働いていたメーカーには、いわゆる本社機能の会社の他に、社内の清掃、出張・旅行のチケット手配、郵便、印刷、給食、保険、研修運営、翻訳、人材紹介などを担うグループ会社が数社あった。
その仕組みにヒントを得てつくったのが家での企業制度。
家で定期的に発生する仕事には会社をつくり、都度その会社にアウトソースするという形(設定)をとる。

たとえば、夫の海外出張準備には「たきじりトラベル」が活躍。
忙しくて余裕のない夫の依頼を受けて私が外貨両替に行ったり、パッキングしたり。
私がブログに写真を使うときは、だいたい夫の「エクセレントフォトサービス」に撮影を依頼。
おたがい得意なことを照らし合わせてできることをやっている感じで、関係はフラット。

 

この仕組みの好きな点は次のとおり:
■「ごっこ遊び」で楽しい。

■ 納品後、受領確認があってこそビジネス。「会社にアウトソースする」仕組みのおかげで、成果物の納品時には、都度必ず「ありがとう」が言語化される。

■「依頼する側」が、「いつもやってくれるから今回も何も言わなくてもやってくれるだろう」「これくらい当たり前にやってくれるだろう」といった安易な考えや雑な態度にならない。依頼と感謝を明言しないと、アウトソースの契約が成り立たない。

■「依頼を受ける側」が、「『いつもやってくれるから今回も何も言わなくてもやってくれるだろう』と思ってるだろうからやっとくけど、いつもそんなふうにやって当たり前の態度で、本当は不満を感じてるんだよ云々・・・」とか思わない。

 

企業公式アカウントと称したLINEグループをつくったり、業務によってはメニュー表、作業報告書を書いたりも。
業績によって倒産したり、マーケットのニーズを反映させて新しく立ち上げたりも。
どうやったらこの仕事がおもしろくなるだろうとか、夫婦のいい関係に繋がるだろうとか、場が和むだろうかとよく考えている。

 

我が家の会社一覧:

株式会社OTTOホールディングス
本社所在地:名古屋市たきじり家西区夫之間2-1 たきじりテクノロジーセンター
設立年:2019年
社風:堅実、柔軟、猫好き

<傘下企業>
エクセレントフォトサービス
写真撮影・編集処理代行。色の専門家による高品質なサービス。

 

システム班
機材調達、メンテナンス、修理、サーバー設計・保守、システム設計。Linuxが専門、フルスタック。たまに設計思想や新技術に関するセミナーを開催(@夕食時。おもしろい)。

Garminという活動量計の一機能、Body Battery。心拍、睡眠、運動量をもとに、どれくらいエネルギーを消耗したか、回復できたかを教えてくれる。互いの体調を気遣う目的で、2人分の情報を統合・表示するGarmin Window(通称ガーウィン)を開発。Garminがアプリに送っている情報を取りに行き、選択的に表示する仕組み。リサーチ・設計・実装を担当(企画・UI・評価はYOME)。

 

 

株式会社YOMEホールディングス
本社所在地:名古屋市たきじり家北区嫁之間1-3 たきじりライブラリーセンター
設立年:2019年
社風:唐突、すばやい、本格志向

<傘下企業>
チケットぴゅあ
チケット購入代行。私の名前が純なので。夫の「クラシックコンサートに行きたいが、チケットぴあでしか買えないことが多い。ぴあの支払い手続きは仕組みが面倒くさくて、結局買わないまま終わる」というニーズから設立。ぴあ以外でも手配可。キーワードを登録しておくと、とても質の高いレコメンドが届く。

 

たきじりトラベル
海外出張準備代行。ご指定の物品だけでなく、出張動線や体力、お疲れ予想などを総合的に考えてご提案。

 

ときめきスパークジョイ
お掃除・動線改善・衣替え代行。通称ときスパ。

 

深夜だいぶまえ食堂
お酒、おつまみ、夕食。ふたりとも深夜食堂のファンなので。「つくりたいものをつくる」「軽め」が営業方針。レモンサワーやブラックペッパーハイボールが売り。

 

純野家
牛丼屋。お客様のニーズに合わせたセットメニューをご用意。体調のすぐれない方には薬と白湯のセットが人気。

 

TAKIJILINK
イベント企画・制作。主な実績は、2013年アウトドアウェディング、2017年年賀状「あけましておめでとりめし」(*)、2019年「おうちごはん映画祭」。
*大分名物のとりめしのもとを作って冷凍、箱詰めし、クール便で送った親族向け年賀状。メーカーのサプライチェーンを模した夫婦共同プロジェクト。企画、購買、製造、評価、出荷、QM、コールセンター設置、新聞型パンフレットや裏話用ウェブサイト作成など。

 

 

昨今の状況で、夫の勤務する会社(←経営者じゃなくて従業員のほうの)でもリモートワークが始まった。
開発環境が職場と異なるので、やっぱりストレスが溜まる様子。
場所や通勤時間のような「気持ちを区切るきっかけ」もなく、大変そう。
そこで、普段のお弁当の代わりに「今日は12時に喫茶店で待ち合わせね」と「デート」の約束をしておいて、お昼にリビングでナポリタンを出したり、
終業時間手前に「深夜だいぶまえ食堂」からLINEを送り、キッチンカウンターにハイチェアを置いてバーカウンターにし、私が夕食を作っている間に対面でおつまみとドリンクを楽しんでもらったりしている。

リモートになっても、「いってらっしゃい」「いってきます」「おかえり」ただいま」のやりとりはあえて継続。
「ファン」の設定でドアから一定距離を置いて「出待ち」し、姿を現したタイミングで「きゃーっ!」と拍手、夫は芸能人のように笑顔で手を振る、みたいなバリエーションも。

要は、夫の頭が「仕事モード」のときに私が「ごっこ遊び」の即興芝居を始めてしまうようなものだけど、彼は一瞬ハッとした顔をしたあとニコニコ乗っかってくるので、切り替えの一助にはなっていると思う。
(私が落ち込んで気持ちを切り替えられないとき、夫が「ごっこ遊び」の即興芝居開始でユーモラスに気づかせてくれることもよくある。いずれにせよ唐突に始まり、相手は信じて乗っかる)

 

不安な日々が続く中、ついネガティブなものを過剰に膨らませることにエネルギーを費やしてしまいがち。
そっちに流れてしまうことに意識的でいるよう注意して、おもしろい暮らしをつくるために言葉や態度を選び、積み重ねていくほうにエネルギーをつかいたい。

Archive